GSOMIA延期は当然?本当は破棄してくれた方がやりやすかった?
スポンサーリンク

こんにちは楽しみ太郎です!

今回は韓国が日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄を延期したが、

日本としては破棄してくれた方がやりやすかった?をお伝えします。

それでは見ていきましょう。

ホテル選びはここから↓

スポンサードリンク


 

日本の完勝?

今回の日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄の問題は、

文政権が親中・赤化統一を目指す第一歩だった。

日本が、韓国の元徴用工の判決後にホワイト国指定を取り消したことに対する反応で

報復措置だといって強引にGSOMIA破棄を打ち出していた。

これはいいかがりもいい所で、まったく問題の本質の違いがあることは発揮していた。

しかし韓国政府は、この問題を政権支持の材料として強硬手段に出ただけである。

問題の本質が違っても韓国のごね徳を狙った行動だった。

しかし安倍政権は強硬に対抗した。文政権もここまで安倍政権が頑張るとは思っていなくて

アメリカの仲裁も期待したが、それにも失敗した。むしろ、アメリカは強硬に破棄の中止を

求めてきた。文政権の見込み違いが生んだ結果だった。

日本政府は、韓国からの輸出管理厳格化の撤回要求を拒否し続けた上、米国が韓国に圧力をかける構図を作り上げたことが、韓国政府の今回の決定につながったとみている。日本政府は貿易管理をめぐる当局間の協議再開には応じるものの、「一切妥協はしない」(政府高官)方針だ。

「ほとんどこちらのパーフェクトゲームだった」

韓国政府の突然の方針転換に日本政府高官はこう語った。日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄通告を改めさせ、日米韓の安全保障協力が維持されるからだけではない。日本側の予想を超え、韓国が輸出管理の厳格化をめぐる世界貿易機関(WTO)への提訴手続きまで見合わせたからだ。

韓国側は8月下旬、日本政府による対韓輸出管理厳格化への対抗措置としてGSOMIAの破棄を決定し、破棄撤回の条件として輸出管理厳格化の見直しを求めていた。

韓国側の態度が変化したのは「ここ2、3日」(政府筋)だったという。

日本政府は「GSOMIAと輸出管理は次元が違う」として韓国側が設定した土俵には乗らず、「賢明な対応」(菅義偉官房長官)を促し続ける戦術を徹底した。政府高官によると、米国は「トランプ米大統領は安倍晋三首相側に立つ」と韓国側に伝えており、日本政府は米国の韓国に対する圧力が非常に強かったとみている。

日本政府は、日韓共通の同盟国である米国と課題意識を共有してきた。外交・安保関係者の間では、GSOMIAの破棄で最も影響を受けるのは米国だとの見方が強いからだ。外務省関係者は「首相はトランプ氏に対し、いかに韓国の対応がおかしいかを繰り返し説明してきた」と明かす。

さまざまなレベルでの働きかけの結果、GSOMIAの破棄は米韓の問題でもあるとして「米国から韓国にガンガン言ってもらう」(外務省関係者)形に持ち込むことに成功した。

文在寅政権は強気の言動を繰り返していたが、日本側のぶれない姿勢と米国の強い圧力を前に、実際は「追い詰められていた」(官邸関係者)とみられる。

首相は22日夜、森喜朗元首相らと東京都内で会食した。出席者によると、首相はGSOMIAの失効回避について「よかった」と話していたという。(原川貴郎)

 

ここまでは日本の正当な行動が功を制したところだ。

しかし、韓国は次の手を打つ準備をしているだろう。

何せ、こんなことでは懲りない民族である。嘘も100回言えば本当になると

信じている民族で嘘は恥でもなんでもなく当たり前な事なのである。

今度はどんなウソが飛び出すのだろうか?

 

スポンサーリンク

GSOMIA破棄の方がよかった?

韓国が今回GSOMIA破棄の延期を決めて当分の安全保障上の問題は回避された?

そうではない、自衛隊機へのレーダー照射問題や、元徴用工の判決の問題は全く

解決のめどが立っていない。おそらく、文政権は解決すらしようとしないだろう。

文政権の正統性を国民の支持者を引き留めるためには当然だろう。

だからこそ私は韓国がGSOMIA破棄をしてくれた方がよかったのではないかと

思っている。それは、平和ボケした日本人の意識を目覚めさせることにあるからだ。

韓国がGSOMIA破棄をすれば、韓国が完全に親中・北朝鮮との赤化統一への

方針を闡明にしたことになるからだ。

この表明で日本は安全保障上の政策の見直しをせざろう得ない!

国防ラインが38度線から一気に対馬海峡ラインまで引き下げられるのである。

日本人はこの現実にどう反応するか?である。

何も感じない国民が大多数を数えるなら、日本はいずれ消滅することを選択

したことになるし、危機的状況と反応すれば、日本民族の存続をかけた戦いに

挑むことになる。この選択肢が出現するところだった。

残念ながら、この判断材料はあと送りされた。

今の国会で「桜を見る会」の事が論争となっているが、まさしく平和ボケの

野党国会議員の認識のなさに驚くばかりである。

また、各種メディアも同様で、日本の危機を報じていない。

本当に税金の無駄遣いと世論操作のひどさである。

若者が新聞やテレビから離れるのがわかる現象である。

今3流国となった日本の本質をきっちりと知らせ、国会において

民族の発展は教育にあることの重要性を発しないと、この国は

いずれ沈没する。明治維新が起き、列強欧米に対抗できたのは

なぜだったのか考えれば、現在の日本はまさに3流国家である。

それを気付かせるためにも、韓国がGSOMIA破棄をしてくれた方が

よかったのではないかと考えている。

ブログに最適サーバー⇓



スポーツ観戦は↓


最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

 

 

スポンサードリンク

スポンサーリンク
おすすめの記事