スポンサーリンク

こんにちは楽しみ太郎です!

今回は会期末をまもなく迎える今国会。しかし、議論されている内容は

国家・国民との乖離が大きい話題ばかりだ。を伝えします。

もはや何のための国会さえも分からなくなっているようです。

主要野党の国会運営は、貿易も外交も安全保障も知らぬ顔です。

こんな政党に国民の生命と財産は任せられません。

それでは見ていきましょう。

ホテル選びはここから↓

スポンサードリンク


 

安全保障、外交・貿易問題を議論しない主要野党に国会議員の資格はあるのか?

あと2週間で会期末となる今国会。しかし、毎日「桜を見る会」の議論ばかりだ!

主要議題が決まっていてもその議題の論争をしない主要野党の国会議員とは

いったい何なのだろうか?

今国会は12月9日の会期末まで残り2週間となった。最重要課題である日米貿易協定承認案は参院で審議が続くが、北朝鮮の弾道ミサイル発射や日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の問題など、日本を取り巻く安全保障環境に関しては国会の予算委員会でほとんど取り上げられていない。安倍晋三首相主催の「桜を見る会」の追及を最優先し、政権との対決姿勢を演出する主要野党の姿勢には疑問符が付く。

スキャンダル追及に集中

「公私混同の極みとしかいいようのない大問題だ」

日米貿易協定承認案が審議入りした20日の参院本会議。立憲民主党の那谷屋正義氏は「質問に先立ち一言申し上げる」と切り出し、首相が桜を見る会に多数の地元関係者を招いたことを批判した。「首相の言葉を借りれば、今こそ政治家として説明責任を果たすべき時だ」とも迫った。

共産党の紙智子氏も、質疑の冒頭で桜を見る会を取り上げた。那谷屋、紙の両氏はそれぞれの質疑時間の約半分を桜を見る会などの政権追及に費やした。

ただ、この日の主要議題はあくまで日米貿易協定の承認案だ。

22日の参院本会議で、教職員給与特別措置法(給特法)改正案の質疑に臨んだ日本維新の会の梅村みずほ氏は「一昨日の本会議と本日、学級崩壊を連想させる場面に遭遇した。登壇者の発言中に飛び交うヤジ。議論すべき日米貿易協定や給特法とは全く関係ない、桜を見る会の質疑だ」と皮肉を述べた。

梅村氏の前に質問した立憲民主党の斎藤嘉隆氏は、桜を見る会をめぐり、萩生田光一文部科学相を追及していた。梅村氏は語気を強めながら、こう質問を締めくくった。

「私は国語の時間には国語を、理科の時間には理科を勉強してきた。ここは国権の最高機関だ。ヤジは国会の花ならず。子供に見られて恥ずかしくない姿を良識の府の参院に求める」

「国権の最高機関」をうたうならば、当然ながら国政の課題を議論すべきだ。衆参予算委の審議内容はどうだったか。--抜粋--

 

これで本当に国会議員としての資格があるのだろうか?

国民の生命と財産を守らなければならない国会議員が、今まさに

安全保障が脅かされていることに無関心とはあまりにもお粗末な

議員たちである。早々に議員辞職をお願いしたい。

 

スポンサーリンク

待ったなしの安全保障問題

日本は安全はただであると、安保ただ乗り論がかつて展開された。

アメリカの核の傘で、安全保障の経費を最小にして経済発展を遂げた時の

事である。しかし、現在はその時の状況から一変している。

アメリカは同盟国の防衛を担うことを後退させ、自国優先の防衛に軸を移している。

そして、同盟国にはそれ相応の負担を求めてきている。

日本も同じである。いくら思いやり予算と言っても通用しなくなってきた。

今回、アメリカの要求は、軍事経費の4倍から5倍の上乗せを迫っているとも

いわれている。果たして政府はどのような対応をするのだろうか?

 

こんな時に主要野党は安全保障についてなんの議論もしようとしない。

一番肝心な自衛隊の憲法の位置づけすら拒んでいる有様である。

自衛隊は現状では憲法違反である。そんなことは日本人ならだれでもわかっている。

しかし、大戦後の教育とアメリカのアピールで、戦争は悪と教え込まれ、軍隊も悪であり

自衛隊も悪と教え込まれた国民は、自己防衛すら放棄した国民となってしまった。

ここへきて守ってくれるはずのアメリカが、同盟国の防衛を後退させ始めた。

そんな状況で、我が国は誰が守るのかの議論すらしない国会議員はそれこそ

税金の無駄遣いである。

 

今こそ国民が日本国の安全保障を真剣に考える時が来たのだ。

旧民主党政権を担った国会議員たちはそのことの議論に怖気づいているようで

まったく声をあげない。むしろ後ろ向きにいっている。

安全保障の議論をすると、自分たちがよって立っているところの「信」が崩壊する

からに他ならない。

かつて社会党の村山総理が誕生した時、自衛隊は違憲であるとの党是をひっくり返して

合憲とした。こうしなければ日本は守れなかったのである。

同じことが今の主要な野党にも起きることを恐れて、憲法改定の議論さえ恐れているのが

現実のように思えてならない。

 

今こそ、日本人は自立するときが来たと私は思う!

今こそ、真の独立国家を目指して、二度目の維新に進む時だろう。

令和の坂本龍馬や西郷隆盛、大久保利通、福沢諭吉はいないのだろうか?

ブログに最適サーバー⇓



資産運用に↓



スポーツ観戦は↓


最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

 

 

 

スポンサードリンク

スポンサーリンク
おすすめの記事