『反日種族主義』がベストセラーでも韓国人は変われない?
スポンサーリンク

こんにちは楽しみ太郎です!

今回は来日して講演した、韓国でベストセラーとなった『反日種族主義』の編著者、

李栄薫元ソウル大教授の記者会見を中心に、韓国人は変われるか?をお伝えします。

それでは見ていきましょう。

 

格安スマホは↓

スポンサードリンク


 

韓国人の病根は『反日種族主義』

韓国人は重い病気にかかっていると李栄薫氏は言っています。

韓国でベストセラーとなった『反日種族主義』の編著者、李栄薫元ソウル大教授は21日、東京・内幸町の日本記者クラブで記者会見し、同書について「韓国現代文明に沈潜している『原始』や『野蛮』を批判した」「韓国人の自己批判書だ」などと説明した。慰安婦問題やいわゆる徴用工問題についても見解を述べた。冒頭発言の全文は次の通り。

私と同僚研究者5人が書き、さる7月に出版した本『反日種族主義』は、韓国現代文明に沈潜している「原始」や「野蛮」を批判したものです。こんにち、韓国はその歴史に原因がある重い病を患っています。 個人、自由、競争、開放という先進的な文明要素を抑圧し、駆逐しようとする集団的、閉鎖的、共同体主義が病気の原因です。一言で言えば、文明と野蛮の対決です。私は世界のどの国もこのような対決構図から自由な国はないと思います。

世界中のどの国も、その近代化の歴史において、このような対決構図による危機を経験していない国はありません。日本も1868年に明治維新を遂行して以来1930年代に至って、国家体制の大きな危機に瀕したことがあります。1948年に成立した大韓民国も、やはり建国70余年で大きい危機を迎えています。

危機の兆候は非常に深刻です。下手すると、この国の自由民主主義体制は解体されるかもしれません。本『反日種族主義』は、そのような危機感から書かれました。韓国人たちに危機の根源がどこにあるのかを叫びました。それは、ほかでもない、われわれの中に沈潜している野蛮な種族主義であると告発しました。

世界の先進社会の構成員は、自由人としてその活動範囲が世界に延びている世界人です。

ある社会が先進化するということは、そこに属する人々が自由な世界人として進化することでもあります。大韓民国の建国は、このような自由、開放、永久平和の先進的理念に基づいてなされました。

その後から今まで、この国が、第2次世界大戦以後に成立した数多くの新生国の中でまれにみる大きい成功を成し遂げたのは、このような世界が共有する先進理念に服したためです。

1965年に韓国と日本の間で国交正常化がなされたのも、このような理念に基づいてのことでした。国交正常化を推進した朴正煕大統領は、わが国民に歴史の旧怨にとらわれないで、アジアの模範的な反共産主義、自由民主の国家として自信感と主体意識を持ち、日本と対等な位置で新しい未来を開いていこうと訴えました。

それ以降の日本との緊密な協力関係は、韓国経済の高度成長を可能にさせました。1990年、盧泰愚大統領は、日本の国会で次のように演説しました。

「こんにち、われわれは、自国を守れなかった自らを自省するだけで、過ぎ去ったことを思い返して誰かを責めたり、恨んだりしません。次の世紀に東京を出発した日本の若者たちが玄界灘の海底トンネルを通り抜けてソウルの友達と一緒に北京やモスクワへ、パリとロンドンへと大陸をつないで世界を一つにする友情の旅行ができるような時代を共に作っていきましょう」

韓国人がこのような認識と国際協力にもっと専心していたら、今頃より自由で豊かな先進社会を作れたはずです。

しかし、その後に展開された歴史は、それとは違う方向に進みました。歴史は、大きい費用を払ってこそ、ほんの少しの進歩を許すのかもしれません。

1993年に成立した金泳三政権以来、「民主化」と「自律化」の名の下で、韓国社会に深く沈潜してきた野蛮な種族主義が頭をもたげました。日本との関係は、協力から対立に転換しました。北朝鮮との統一政策では、「自由」の理念に代わって「わが民族同士」という民族主義が優位を占めるようになりました。

韓国の「自由民主主義体制」と北朝鮮の「全体主義体制」が連邦の形態で結合した後、統一国家へ前進できるという幻想が国民的期待として成立しました。

1992年に提起されてから今までの27年間、韓日両国の信頼と協力を妨げてきた最も深刻な障害は、いわゆる慰安婦問題です。

朝鮮総督府と日本軍の官憲が日本軍の性的慰安のために、純潔な朝鮮のおとめを連行・拉致・監禁したという主張ほど、韓国人の種族主義的な反日感情を刺激したものはありません。--抜粋-

 

全文はこちら:https://www.sankei.com/world/news/191121/wor1911210029-n1.html

 

このように韓国人の自己批判を行っています。

このような韓国人の自己の問題について、韓国を蝕む儒教の怨念 反日は永久に終わらない (小学館新書)で

著者の呉善花氏は、問題の根源は李氏朝鮮の500年に及ぶ儒教が原因と書いています。

どちらも現在の韓国社会の病根を記したものですが現実の韓国人は

本当に変われるのか疑問です。特に現在の文政権では益々ひどくなるような気がします。

 

スポンサーリンク

日本人は他山の石として考える必要あり?

では今日の日本人はどうでしょうか?

韓国や中国が慰安婦問題や元徴用工問題、領土問題などと外国との

問題を抱えるたびにその出発点を調べると、日本人に行きつくことが多いのが

わかります。慰安婦も元徴用工も日本人発が原因なのです。

 

日本で韓国人を応援する人が問題をでっち上げ、朝日新聞などの大手メディアが煽り立てた結果

韓国や中国で火が付き日本への攻撃材料にしている構図が浮かび上がります。

そうです、日本を外国に売りたい反日日本人の人達の起こしたことなのです。

それに民主派又は社会派と名乗る国会議員や弁護士が拍車をかけて日本たたきに

いそしんできたのです。もうそろそろ日本人は自国を自虐することはやめませんか?

これは戦後、GHQが行った、ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム(WGIP)が

まだ続いていることを意味しています。

 

アメリカは日本を将来ともアメリカにたてつかず、アメリカの属国になる事を目指して

日本人の精神破壊と自虐化を執拗に行いました、焚書やNHKなどによる放送、民間

新聞ラジオの検閲の強化が今なお続いているのです。

最終的な仕上げは天皇陛下の廃止と、皇族の消滅です。

これが完了すれば、日本民族は消滅した事になります。

 

世界で一番長い歴史を持つ日本民族の歴史が消滅させられるのです。

そのことを我々日本人は、隣の国の韓国人の行動で見ることができます。

今反日活動をしている韓国人人たちは、自国の歴史に過ちがあると教えられ

正すべきと日本人を敵に例えて、共産主義に落とし込もうとしています。

同じことが日本で行われたのです。そして我々日本人は、戦前の長い歴史と現代を

分離されてしまっていることに気付かされないままに過ごしているのです。

早く日本人の自らの意志で歴史を取り戻し、日本人の手で、日本を守る決意をして

行動に打つべき時が来たのです。最後の戦いかもしれません。

ここは、苦しくとも自分の家族は自分で守るという根本的なことから

はじめて、家族のよって立っている日本国を守る意志を立ち上げましょう!

すぐとれる法人ETCカードは↓



法人に最適なガソリンカード⇓



あなたを元気に⇓


最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

 

 

 

スポンサードリンク

スポンサーリンク
おすすめの記事