韓国売り加速!韓国通貨危機のおそれで日本企業は撤退を急ごう!
スポンサーリンク

こんにちは楽しみ太郎です!

今回は韓国経済の悪化は報道されている通りのようですが、

韓国通貨も下落を続けています。このままだと通貨危機が訪れる恐れをお伝えします。

それでは見ていきましょう。

ホテル選びはここから↓

スポンサードリンク


韓国売りが加速中!

GSOMIAが一応おさまった日韓関係ですが、韓国国内では経済の基本的な

問題の解決が見込めず、経済の縮小が拡大していると言われています。

それを踏まえてか、外国投資家の韓国売りが加速中です。

韓国株式市場において、外国人投資家による韓国株の売り=セルコリアが止まらない。今年8月から11月まで実に4カ月連続で、株式市場で売りの動きを見せた。韓国三大新聞社の一つ、中央日報によると、「この期間に有価証券市場・KOSDAQ市場で51億6000万ドル相当の株式を売り越した」という。これはウォンに換算すると実に約6兆ウォンだ。外国人投資家に売られっぱなしの韓国、「セルコリア」の背景には韓国経済の失速があるのは間違いない。

手を引く外国人投資家たち
韓国銀行が今月の10日に発表した「国際金融・外国為替市場動向」。これによると、11月の外国人の韓国株式・債券投資資金は39億6000万ドルの純流出となった。「昨年10月に42億7000万ドルが抜け出てからの1年1カ月で最も多い規模だ」と記事では伝えている。売り越したその内訳は、株式市場で24億4000万ドル、債券市場では15億2000万ドル。先月は7日から今月5日までほぼ1カ月間、一日も欠かさずに韓国株は売られ続けたのだ。韓国経済の混迷を物語っているといえよう。

外国人投資家が韓国の金融市場で資金を引き上げることで、ウォン安も進んでいる。記事では、「ブルームバーグによると10月末から今月6日まで対ドルでウォンは2.2%下がった。同じ期間に世界の主要13通貨のうちウォンより下落幅が大きかったのはブラジルのレアルの3.0%だけだった」とし、「外国人が韓国株式・債券を売るということは、韓国経済がそれだけ良くないという傍証だ」と伝えている。これを受け、ネット上では様々な声が挙がっている。

 

世界の投資家は目先の判断が早い!

投資資金をどこで運用するか常にすべての情報にアンテナを張り巡らしている。

そんな彼らが、韓国を売りまくっているのである。

貿易中心の韓国経済で、自国の企業すら海外への投資を強化して韓国から逃げ出している

との情報も多くなってきている。

 

スポンサーリンク

日本企業も早々の韓国撤退を!

世界の投資家の判断は早い!

韓国企業が自国投資をやめて、海外投資を強化させ、韓国から逃げ出す準備を

加速している事態に、素早く反応し始めたのである。

バブル崩壊後の日本と同じである。

 

しかし日本は今でも貿易比率は低い。韓国経済は4割を貿易が担っている。

その貿易に大事な国内企業が逃げだしているのである。

文政権の政策の失敗もあって、韓国経済の危機はこの先まだまだ続くとみて、

外国投資家も引き上げだしている。

でも、なぜか日本の投資家や企業は動きが遅いように見える。

これだけ不買運動が起き、業績も低下のままである。

こんな時ほど、早く手じまいが必要ではないのか、垂れ流す血は少ない方が良い。

韓国の通貨危機が再来するとの観測はかなり前から言われてきた、

少なくとも文大統領の任期中にも起こりそうである。

 

その前にリスクを早く解消するのが投資家や企業家の責任ではないのだろうか?

だからこそ早く韓国からの撤退を始めるべきだろう。

韓国は簡単にゴールポストを動かす国である。

撤退できなかうなってからでは遅いのである。

素早い決断を!

日常生活も作業も⇓



ホテル選びはここから↓



スポーツ観戦は↓


最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

 

 

 

スポンサードリンク

スポンサーリンク
おすすめの記事