韓国の執拗な東京五輪を貶めるポスターに抗議して参加反対を!

こんにちは楽しみ太郎です!

今回は韓国の執拗なプロパガンダが東京オリンピックをモチーフに展開されている。

このような行為はIOC憲章違反ではないのか?韓国の参加反対運動をしよう!をお伝えします。

それでは見ていきましょう。

スポーツ観戦は↓

スポンサードリンク


執拗に行う韓国の日本へのプロパガンダ

韓国の反日団体がまた東京オリンピックを題材に聖火リレーのパロディーと称して

核物質運搬のシーンだとするポスターを掲示している。

これは明らかに日本へのプロパガンダである。

東京オリンピック・パラリンピックの開催が夏に迫る中、韓国で東京電力福島第1原発事故と東京五輪を結び付けて揶揄(やゆ)する政治宣伝がまたも登場した。ソウルの在韓国日本大使館の建設予定地のフェンスに6日午後、東京五輪のエンブレムや「TOKYO2020」の文字、日の丸をあしらったポスターが張りつけられたが、そこには白い防護服姿の人物がたいまつのようなものを掲げて走る人物が描かれているのだ。

聯合ニュースによると、ポスターは聖火リレーの「パロディー」で、放射性物質処理の運搬シーンという。

ポスターを制作したのは、「サイバー外交使節団」を名乗る「VANK」(バンク、Voluntary Agency Network of Korea)。「旭日旗=戦犯旗」と主張する映像を動画投稿サイト「ユーチューブ」にアップしたり、「日本海」と単独表記している各国の教科書や地図、政府サイトを見つけては、「東海」への表記変更を要求する運動などを展開する韓国の民間団体だ。

VANKの担当者は聯合ニュースに「『放射能の安全性問題』を提起するため、警告的な意味も込めた」と説明。朴起台(パク・ギテ)代表は、「東京五輪の成功裏の開催とともに、参加選手・観客の安全を祈願するため、パロディーポスターを制作した」とも語った。
「放射能汚染」と東京五輪を結び付け、日本のイメージをおとしめる意図があるのは明白だ。

問題のポスターは8日の時点で撤去されている。ただ、VANKはSNS(会員制交流サイト)などでポスターや同様のデザインの「切手」や「コイン」の写真を掲載し、拡散させている。

「放射能」をめぐっては韓国政府も昨年、さまざまな国際会議で福島第1原発の「汚染水」問題を執拗に取り上げ、風評被害をあおるような言辞を繰り返してきた。

こうした動きを踏まえ、安倍晋三首相は昨年末の日韓首脳会談で、文氏に対し、「これまでも、韓国を含む国際社会に透明性を持って情報提供してきており、今後もその方針は不変だ」と説明した。

その上で、首相は韓国が原発事故後、日本産食品の輸入規制を依然として継続していることを念頭に「福島第1原発から排出されている水に含まれる放射性物質の量は、韓国の原発の排水の100分の1以下だ」と指摘。「科学的に冷静な議論が行われるべきだ」と求めた。

福島第1原発では、放射性物質を含む汚染水を処理した後の「処理水」が増え続けているが、これとは別に、原子炉建屋に近くのサブドレン(井戸)から地下水をくみ上げ、浄化後、基準値を下回ることを確認した上で、海に排出している。

政府の小委員会の資料などによると、2016年のサブドレンからのトリチウム排出量は年間約1300億ベクレルだったが、韓国の主要原発である月城原発が16年に液体放出したトリチウムの量は約17兆ベクレルで約130倍だった。

首相が日韓首脳会談で言及した「100分の1以下」は、まだ控えめな指摘だ。

日韓外交筋によると、首相の発言に文氏は反論しなかったという。

在韓国日本大使館はホームページ上で、福島市、いわき市、東京、ソウルの放射線量(マイクロシーベルト/時間)を公表している。1月7日は福島市0・131▽いわき市0・060▽東京0・037▽ソウル0・151で、ソウルの線量は東京の約4倍だった。

いずれも何ら問題のない数値だが、VANKの担当者が言うように、仮に東京に「放射能の安全性問題」があるならば、論理的にソウルは東京の約4倍の安全性問題があることになる。実態を踏まえない非科学的な主張には、科学的・論理的に対抗していくべきだろう。

 

このように韓国では毎度毎度いろいろな形を作って日本を貶めている。

しかも科学的データを無視しての表示であり、明らかに日本を攻撃している。

 

大人げない事だがこれを見過ごすと、慰安婦問題や元徴用工問題のような

事件に発展する可能性がある。我々日本人はこの韓国の日本を貶める宣伝に

毅然とした態度で臨み制裁の発動も視野に入れるべきだろう。

 

スポンサーリンク

韓国のポスターはオリンピック憲章への挑戦で参加を認めない?

韓国が日本を貶めるようなポスターを作成し掲示するのは世界中が参加する祭典

オリンピックを政治利用を目的としたものであり断固として反対し、日本は

IOCに抗議を行い、韓国の東京オリンピック参加の中止を申し入れるべきである。

韓国はこれまでにもいろいろな場面で日本を貶める行動をとってきた。しかし

日本はその都度反論せずにいつも良いように悪情報を流され続けてきた。

その結果が今日の韓国との関係である。

韓国は絶対に日本とは仲良くする気はなく、現政権は赤化統一を目標としている

のだから、なおさら日本は道具にされているだけである。

半沢直樹ではないが、やられたら倍返しの心意気で韓国に立ち向かわないと

いっこうに関係は打開できない。

そしてなお不味いのは、馬鹿な国会議員が格好つけて韓国の機嫌を取っていることにある。

ここにきて、日韓議員連盟がまたおかしな行動に出ようとしている。

二階幹事長と共に、1000人を超える団体で訪韓するということである。

どこの国の国会議員なのか訳が分からない。

こんな国会議員の為に税金を納めているのではない。それこそ国民の血税を

もっと国民の為に使ってほしい。国民の7割は韓国が嫌いなのである。

その嫌いな韓国に頭を下げになぜ出かけるのか理解できない。

むしろ、東京オリンピック不参加を言いに行くなら大歓迎だ!

それなら是非、大勢で韓国のオリンピック不参加を促すなら価値があろう!

そのくらいの気持ちで、韓国のプロパガンダに対抗してほしい!

日常生活も作業も⇓



ホテル選びはここから↓



格安スマホは↓


最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

 

 

 

スポンサードリンク

スポンサーリンク
おすすめの記事