日本の国会議員の危機管理はひどい!総理も政府も野党はもっとだめ!

こんにちは楽しみ太郎です!

今回は作家の百田尚樹氏が安倍総理を始め国会議員の

危機管理の欠如を嘆いています。をお伝えします。

それでは見ていきましょう。

ホテル選びはここから↓

スポンサードリンク


あまりにひどい安倍総理と政府の危機管理欠如

30日夜、作家の百田尚樹氏が自身のツイッターに連続投稿している。

新型コロナウイルスに対する日本政府の対応を「甘い」と批判し、

「安倍総理には危機管理能力が欠如している」と苦言を呈した。

ここまでの新型コロナウイルスに対する各国の対応は色々発表されているが

百田氏は「コロナウィルスに対する世界各国の対応と比べて、

日本の対応の甘いことと言ったらない!想定を超えた事態に固まってしまった感あり」と嘆き、

「もしこのまま何事もなく終わったとしても、日本政府の危機管理能力の無さが

悲しいまでに露呈してしまった…」と断じている。

 


 

スポンサーリンク

野党もメディアも問題にしない

今国会は開催中である。にもかかわらず、国会での野党の追及は「桜を見る会」や

(IR)事業をめぐる汚職事件の事が中心で新型コロナウイルスに対する危機管理には

本当に対していない。

メディアもしかりで、ただ中国を中心とした病気の発症を報道するだけである。

一部には他国の隔離政策も報道されるが、我が国の対応についてはあまり踏み込んだ

報道はなされていない。

特に防御の速やかな発動についての危機管理上の問題などは

殆どないのが現状ではないのか?

それだけこの国は、危機管理能力が欠如していると言ってもいいだろう。

今回の新型コロナウイルスに対する対応だけでなく、すべての面で平和ボケ

日本の危機管理は全くないと言ってよいだろう。

だからこそ、国土が外国資本にいくら買われても、自衛隊の基地の周辺が

外国人に買われても、日本の企業の持つ主要な技術が企業ごと外国に買われても

何ら平気なのが日本人である。

そう遠くない時期に日本はどこかの国の植民地になっているだろう!

いや、もうなっているのかもしれない?

本当に残念である。

日常生活も作業も⇓



スポーツ観戦は↓



あなたを元気に⇓


最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

 

 

 

スポンサードリンク

スポンサーリンク
おすすめの記事