パチンコ店が自粛せずは経営者が韓国朝鮮人だから?日本人を感染させ殺すため?

こんにちは楽しみ太郎です!

今回は相変わらず続く新型コロナウイルスの流行でパチンコ店の開店自粛が要請されていますが

東京や大阪では要請に応じず営業店名を公表されても営業を続ける店があります。

その店舗はどうやらただの経営上の問題だけではなさそうですをお伝えします。

それでは見ていきましょう。

 

自宅で楽しむ⇓

スポンサードリンク


 

閉店要請でも開店のパチンコ店

大坂の吉村洋文知事は24日からパチンコ店の開店自粛を要請し開店を続けている店を公表した。

大阪府が24日、新型コロナウイルスのまん延を防ぐためとして、特別措置法45条に基づきパチンコ店6店に休業を要請、全国で初めて店名の公表に踏み切った。これまでは24条が規定する一般的な協力の呼び掛けにとどまっていたが、より強い措置に移行した。大阪市の対象店舗の運営会社は国の救済措置がないと窮状を訴え、営業を継続する方針を示した。
吉村洋文知事は「(6店の)利用を控えてという呼び掛けのための公表だ。府民は行かないようにして感染拡大防止に協力してほしい」と府庁で記者団に語った。他のパチンコ店28店に関し、休業に応じない場合は来週にも店名公表する準備を進めているとした。

公表したのは大阪市2店と堺市3店、枚方市1店。吉村氏によると、23日までに営業を続けていると確認したパチンコ店のうち11店舗の事業者に協力が得られない場合の対応を事前通告し、5店舗が休業に応じた。

府は、国の緊急事態宣言を受け、14日から民間施設に休業を要請。府のコールセンターには、パチンコ店などが営業を続けているとの情報が24日までに1200件以上寄せられていた。

大阪府、パチンコ店6店の店名公表 1店は国の救済措置ないと営業継続へ

 

 

現在の情報では2店舗開店との情報です。

 

 

 

 

スポンサーリンク

パチンコ店が開店している真意は日本人のせん滅!?

現在大阪が先行してパチンコ店の開店自粛要請から開店の店名公表お行っているが

大坂だけでなく東京でも開店している店がある。どうしてそこまでして開店するのか

そんな疑問で調べてみると、パチンコ業界はそもそも韓国・朝鮮人の経営者が多いそうである。

その経営者の意向が強く働いて、日本人店長や店員は従うしかないようである。

 

しかも、日本人従業員の生活を守るためとその本質を隠していて続けているようなのである。

それは、もちろん新型コロナウイルスの流行で日本と日本人が混乱し国力の低下を狙っている

事と、日本人の死亡を増加を願うためであるというのだ?

もし本当なら、新型コロナウイルスの流行で仕掛ける細菌戦争である!

いま、アメリカのトランプ大統領が危惧している、新型コロナウイルスは武漢施設からの

拡散説である。

 

これに乗じて韓国は日本を衰退させようとしていると思えるのとの意見もある。

日本のパチンコ業界は韓国・朝鮮人が牛耳っていることは誰しも知っている。

本当にその人たちが日本人の命を狙って傘下のパチンコ店での新型コロナウイルスの拡散を

はかって日本衰退を狙っているとしたら許しがたい事である。

在日朝鮮人のこれまでの怨念を晴らそうとしているとしたら、それに乗っかりパチンコに

うつつを抜かす日本人はどう思うのだろうか?

 

 

スポーツ観戦は↓



格安スマホは↓


 

最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

 

 

 

 

スポンサードリンク

スポンサーリンク
おすすめの記事